バトルフィーバーJの動画を1話~最終回まで無料で!youtubeじゃなくDVDのネットレンタルがお得

バトルフィーバーJの動画を1話から最終回まで無料で!youtubeよりDVDでお得に見る方法 バトルフィーバーJ

スーパー戦隊シリーズの三作目が、このバトルフィーバーJです。

スーパー戦隊シリーズとして始まった当初は、前二作であるゴレンジャーとジャッカーは石ノ森章太郎さんの原作であったために戦隊シリーズには含まれず、このバトルフィーバーが第一作扱いだった時代も長らく存在していました。

 

また、ジャッカーとバトルフィーバーの間の一年は戦隊ではない東映版スパイダーマンを放送していたので、今に続く戦隊はこのバトルフィーバーからは一度も途切れずに戦隊が放送され続けているということでもあります。

ただ、その挟まれたスパイダーマンに登場した巨大ロボット・レオパルドンが人気だったせいで、その影響もあってバトルフィーバーから巨大ロボットも登場するようになったという流れがありました。

 

バトルフィーバーJのあらすじと魅力

 

世界各地に様々な怪奇現象が起こる中、謎のこうもり傘の美女の手により国防省の重要人物が次々と殺されていった。

それを知った倉間鉄山将軍は、4人の精鋭から成るバトルフィーバー隊にその調査を命じた。4人は、捜査途中に謎のこうもり傘の美女そっくりの女性捜査官ダイアンと出会う。こうもり傘の美女を影で操る秘密結社エゴスに父を殺されたダイアンを加えた5人に、鉄山将軍はバトルスーツを与え、世界の混乱を目論むエゴスの討伐に向かわせた。

巨大ロボット・バトルフィーバーロボの設計図の争奪戦が繰り広げられる中、エゴスも悪魔ロボットを完成させる。その第1号・バッファローロボをバトルフィーバー隊は完成したばかりのバトルフィーバーロボで迎え撃ち、勝利した。戦士たちの激しくも苦しい戦いは、始まったばかりである。

 

 

バトルフィーバーの特徴といえば、まずそのフィーバーというタイトルにも表されているようにメンバーは世界五大陸の踊りの盟主でエキゾチックなダンスを活かしながら戦うという設定でした。

しかしこの設定は初期こそ試みていたのですが、実際映像にすると難しいということで早々にフェードアウトしてしまいました。

ただし、名乗りポーズにはその名残があり最後まで貫かれています。

 

そして毎回登場する等身大の怪人が、大ボスであるサタンエゴスが生み出す息子・娘であるというのも特徴です。

大抵の組織はボスの次に幹部が偉かったりするのですが、この敵組織エゴスの場合は怪人がサタンエゴスの次に偉くて幹部たちは怪人を御子と呼んで崇める下の立場というのも面白いですね。

 

そして御子である怪人には姿をそっくりに模した弟・妹として巨大ロボットが5話から与えられるようになります。

その後の戦隊シリーズに多い「やられた怪人が巨大化して巨大戦になる」というパターンとは違い、時には等身大の怪人と弟ロボットが同時に暴れたり二面作戦をやったりということも可能で話に幅が広がっていました。

 

またバトルフィーバーの各回のストーリーは、ハードな回もあればコミカルなギャグ回もあって全体的にその回その回によって振り幅が大きな印象があります。

よく言えばバラエティに富んでいて、悪く言えばシリアスなのかコミカルなのか回によってパタパタ変わるというか、そのような印象があります。

これは戦隊シリーズは始まってまだ最初ですし、試行錯誤がかなりあったのだと思われますね。

 

とはいえ各話の話自体の出来はハードであってもコミカルであっても全体的に良く出来ており、破綻せずに最後まで行ったということはまとまっていたのでしょう。

途中で役者の都合によって初代ミスアメリカが帰国することになり二代目に交代、さらに初代バトルコサックも戦死して二代目に代わるのですが、これも皮肉にも番組がダレることを意図的でなくとも防いだ効果はあったのかもしれません。

 

二代目キレンジャーの戦死もそうですが、この時期はレギュラーキャラを退場させる場合に殺してしまうことが多かったので時代ということで仕方なかったのかもしれないですね。

 

あんな人やこんな人も登場していた!?意外な登場人物にも注目

 

ついでに、当時アイドルでその後タッチの南ちゃんの声などで声優としても大成した日高のり子さんが顔出しの隊員で出ていました。

隊員なのに一回だけバトルフィーバーロボに同乗したまま戦った回までありました(6話)。

 

また女子プロレスでビューティーペアとして一世を風靡したマキ上田さんが敵幹部のサロメ役で途中からレギュラー出演しています。

 

さらには番組で最初ヘッダー指揮官を演じていたのは仮面ライダーの地獄大使などでおなじみだった潮健児さんだったのですが、ちょっと不祥事がございまして同じキャラのまま役者だけ石橋雅史さんに交代しています。

入れ替える時期の回ではすでに潮さんで撮影してしまった所が残っている回も石橋さんが演じ直して入れ替えたバージョンと、潮さんのままで流されたバージョンが存在しますが、今見られるのは基本的に石橋さんに差し替えたバージョンになっているようです。

 

そんな珍事もあったりで意外な人が色々と登場していますので、人物に注目してチェックしてみても面白いかと思います。

 

バトルフィーバーJの動画をお得に見る方法は?

 

今でこそゴレンジャーから始まったとされるスーパー戦隊ですが、実は長い間スーパー戦隊の元祖として扱われていた『バトルフィーバーJ』。

今のスーパー戦隊の源流ともいえるその魅力は簡単には語れるものではありませんから、ぜひ特撮ファンにはまずは全話を見てほしいと思います。

 

…ただ、いざ見ようと思ってもさすがに古い作品でDVDをレンタルするにも在庫のない店舗も多いですし、借りに行くことが面倒くさかったり諸々の事情で心理的にちょっと抵抗がある…なんて人もいると思います。

また全てのエピソードを視聴しようと思うとそれなりにお金がかかってしまうのも難点ですよね。

 

そこでここからはより手軽に、よりお得にバトルフィーバーJの全話を視聴する方法をご紹介!

上手に活用すれば完全無料で全話楽しむことができちゃう方法もご説明しますので、最後までしっかりチェックしてくださいね。

 

Youtubeでの配信はある?

 

まず動画を手軽に見たいと思ったとき、真っ先に思いつくのが『YouTube』ではないでしょうか?

もちろん違法アップロード動画は論外ですが、バトルフィーバーJを始めとするスーパー戦隊シリーズは、YouTubeの東映公式チャンネルで不定期に配信されている場合があります。

 

ただし実際にYouTubeを見てみたところ、記事作成時点(2018年)では残念ながらバトルフィーバーJの配信はありませんでした。

※YouTubeで配信されているか確認する

 

また配信されていても、一週間に2話ずつというのが通常のパターンなので一気に見たい人にとっては不向きですね。

スーパー戦隊シリーズは通常のドラマよりも話数が多いので、2話ずつ見ると相当時間がかかってしまいます。

 

主な動画配信サービスでの配信状況

 

では最近主流となってきた、Hulu、U-NEXTなどの動画配信サービスではどうでしょうか?

ほとんどのサービスでは主な動画が見放題、無料期間もありますから、そうした配信サイトで観られると嬉しいですよね。

そこで主要な5つの動画配信サービスでバトルフィーバーJの配信状況を調べてみました。

 

Hulu ×
U-NEXT ×
Amazonプライムビデオ
dTV ×
auビデオパス ×

 

残念ながら上記のサービスではどこも見放題でのバトルフィーバーの配信はありませんでした…。

※後述しますが、Amazonプライムビデオでは条件付で視聴可能です

 

特撮でも比較的新しい作品は配信されているサービスもありますが、特に昭和の旧作となるとほとんど配信されていないのが現状です。

 

Amazonプライムビデオで1話からレンタル可能

 

ただし『Amazonプライムビデオ』では1話単位でのレンタルが可能でした!

Amazonプライムビデオとは、Amazonプライム会員が利用できる動画配信サービスです。

無料で見放題の作品も多く取り揃えていたり、プライムオリジナルの番組もあったりと最近人気が急上昇中です。

 

ただ残念ながらバトルフィーバーJ見放題作品ではなく、有料の課金制でした。

1話108円で7日間視聴できます。

1話だけの視聴も可能ですから、ピンポイントで観たいエピソードがあったりちょっと観てみたい人はAmazonプライムビデオがおすすめです!

バトルフィーバー観るならツタヤディスカスがおすすめ!

 

今説明したように、ちょっと観るにはAmazonプライムビデオが手軽なのですが、どうしても全話視聴しようとなるとやや価格が高くながちですよね。

バトルフィーバーは今のシリーズと同じ1年間の放送で、全52話ありますから全て見るとなるとそれなりのお値段になります。

 

でも実はバトルフィーバーを観るのにもっとおすすめのサービスがあるんです。

 

それが『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』です!

レンタルビデオ大手のTSUTAYAが運営するサービスで、『動画見放題のTSUTAYA TV(ツタヤTV)』とCDやDVDがネット宅配で借り放題の『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)』があります。

 

それぞれ単独での加入も可能ですが、セットで加入すると月額2,417円(+税)とお得になります。

借り放題のサービスは新作・準新作は月8枚までレンタル可能で、9枚目以降も旧作なら制限なく借り放題です。

 

調べたところバトルフィーバーはTVのほうでの配信はありませんでしたが、ディスカスでのレンタルでは全話揃っていました!

さすがは天下のツタヤさんですね(笑)

 

まあ店舗でもレンタルしているところはありますが店舗によって在庫もまちまちですし、借りに行くのが面倒…恥ずかしい…返却も忘れがち…なんてこともありますよね。

その点ディスカスなら自宅まで届けてくれますし、返却期限もないので延滞料金もかかりません。

豊富な専用在庫で在庫切れの心配がないのも嬉しいです。

 

ちなみに現在はキャンペーン中で通常2,417円の見放題&借り放題セットのサービスが30日間無料となっています!

もちろん無料期間内に解約も可能なので、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

つまりバトルフィーバーJのDVDを借り放題で全て借りて一ヶ月以内に視聴すれば、完全に無料で見られちゃうというわけです!!

仮に全て見切れなくても、無料期間終了後に月額1,865円(+税)借り放題のみのサービスにも切り替えることは可能ですから、見切れなかった分だけサクッと視聴したのち解約しても許容範囲ですね。

 

とにかく、全話視聴するならAmazonプライムビデオよりも圧倒的にお得なのがツタヤディスカスというわけです!

 

 ツタヤディスカス公式で30日間無料体験!

 

バトルフィーバーJまとめ

 

というわけで、一見バランスが悪いように見えてなぜかまとまっていて開始当初はスーパー戦隊第一作扱いであった原点としては見事にやりきった作品とも言えるでしょう。

初の戦隊ロボットとなったバトルフィーバーロボは合体も変形もない代わりに鎧武者のような自由なデザインが可能であっただけに、今見ても目立ってカッコよく人気があります。

 

武装も多く、母艦であるバトルシャークから次々と様々な武器を受け取って戦う戦闘シーンもよく出来ていたと思います(前番組スパイダーマンのレオパルドンは足が長すぎてほとんど動けなかったため、アクションが難しかった反省もあったかと思います)。

 

今のスーパー戦隊に繋がる原点が色々と見えるバトルフィーバーJ、ぜひ見てみてくださいね!

 

 ツタヤディスカス公式で30日間無料体験!

コメント